So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

日露和親条約で粘り強い外交・・・幕臣・川路聖謨(かわじとしあきら)さんについてです。 [幕末]

かなりご無沙汰です。

久々に、記事書きに来ました!

くーりー.jpg

今日は川路左衛門尉聖謨(かわじさえもんのじょうとしあきら)さんという

幕臣の方を紹介します。


肖像見るとわかるんですが、一見頑固そうな感じがしますが

いい意味で頑固です(笑)。


略歴ですが、1801年豊後(現:大分県)に生まれ

1840年に老中・大久保忠真や天保の改革で有名な水野忠邦に重用され

佐渡・奈良・大阪の奉行を歴任し

1852年勘定奉行に抜擢されます。

3484844

その1年後、ペリー来航し一気に日本が外圧を受け激動しますが

川路さんが活躍するのはその1年後の

1854年、日露和親条約の任にあたった時でした!


表向きは元江戸南町奉行・筒井政憲(つついまさのり)でしたが

実際は、全権川路さんです。


最初、全権使節・プチャーチンは

樺太(からふと・サハリン)はロシアの領土であるとかたくなに圧力を掛けてきたみたいですが

元々その頃は、どっちの人もあまり住んでなかった樺太でしたが

川路さんの一歩も引かぬ我慢強い交渉で

雑居地という形で決着し、日露和親条約が締結されました。


この事は、その後の北方領土の領土問題に

深く影響を及ぼして今日に至ってます。

それを考えると、凄い功績です。

DVC00195.JPG

しかし大半の方が知ってる通り

薩摩・長州をはじめとする新政府軍が大政奉還で

政権を朝廷に返上した旧幕府軍を鳥羽伏見の戦い以降、次第に圧倒し


1868年当時、外国奉行となっていた川路さんは

江戸城が無血開城されたことを知って

自害して果てます。


しかし不思議な事に、切腹ではなく

ピストルで自害します。

DVC00199.JPG

多分おそらくですが、川路さんは聡明な方なんで

江戸幕府や武士の世の中は終わりを告げ近代化すべきだとは

思っていたと思います。


ただ徳川幕府が薩摩や長州に何故、取って代わられなくてはいけないのか・・・

何故薩長なのかが納得いかなかったから

ピストルで自害なんではなかったかなと察します。


今で置き換えてみると、自分の勤めている警備会社の現場が

他の警備会社に取られ仕事無くなるのとかが

多少近いかなと思います。


幕末~明治は、こういった筋の通った外交官がいたような気がします。

幕臣の小栗忠順(おぐりただまさ)しかり

長州(現・山口県)の高杉晋作しかり

明治新政府の陸奥宗光しかり

こういった方を見習って、変な国多くて(笑)しんどいとは思いますが

粘り強い外交を展開してくれる政治家が一人でも多く出てくれる事を願ってます。

DVC00189.JPG

今日は、そんな感じで終わります。                      では。

3484842

上州事件(幕臣・小栗上野介忠順さん無実の斬罪処分)と土佐迅衝隊と東山道先鋒総督府軍のその時の動向についてです。 (5月13日 追加記事あり) [幕末]

お疲れ様です。

やっと書く内容まとまったんで、更新に来ました。

3371099

その前に、前回の記事のコメント欄にも書いたんですが

何故肥前大村藩(現・長崎県)渡辺清・昇や因州鳥取藩 河田佐久馬が

現地の評判が微妙かも・・・とか書いた件についてちょっと書きます。



幕末時どこの藩も佐幕(親・徳川幕府)か倒幕かに分かれるんですが

まず渡辺兄弟の場合ですが

1863(文久3)年、松林漸(まつばやしすすむ)を指導者とし

渡辺清の他、針尾寿納、大村徳興、稲田煕孚ら37人で

勤王党を結成し藩論を勤王倒幕の方へ向けるべく奔走するも


松林が1867(慶応3)年に佐幕派に暗殺され

反対に渡辺兄弟を筆頭に佐幕派27名を捕まえ斬首し

藩論を倒幕に向け


戊辰戦争では、現福島県の泉藩・磐城平藩・二本松藩・会津藩との戦に参戦し

その後渡辺兄弟は元勲として活躍した

という訳ですが

あまりいい印象も無い様な書物も多少見受けられたんで

当地ではどうなのかなと・・・。


その後河田の方も調べましたが、渡辺兄弟と比べると

酌量の余地は多少ありそうです。

3371101

長州藩(現山口県)の藩内抗争と、何が違うのかというと

先に桂小五郎・高杉晋作らの正義派が

保守派に藩内の実験を握られ桂・高杉は藩外へ一旦逃亡


周布政之助は保守派に囲まれ自害

井上聞多(後の馨)は保守派にメッタ斬りに切られ

畳針で切り口を縫って一命を取り留め


筑前福岡藩の月形洗蔵・斎藤五六郎他の筑前勤王党は

藩主黒田長ひろ(さんずいに専門の専みたいな字・出ないです(苦笑))が

佐幕を徐々に明確化し、八一八の政変で逃げていた勤王派公卿である

三条実美他五卿も居場所が無くなり功山寺へ篭もり


絶体絶命の危機から、高杉晋作が功山寺へ舞い戻り

伊藤俊輔の力士隊らたった80名足らずで

藩の保守派に戦を仕掛け勝った・・・というのと


藩内の反対派を捉えて、全員有無を言わさず

斬首して藩論をまとめた・・・というのでは

何かもっと他に方法があったのでは?という気もしなくもない様な

気がします。

3371134

とりあえずですが

今日の本題いきます。


今日は、幕臣であり

NOと言える日本人でもあり、武力強行派でありながら

一戦も交えず罪状も述べられず理不尽にも

斬罪に処せられた小栗忠順は


新政府軍の東山道先鋒総督府軍の誰の命を受け

亡くなられたのか・・・考えてみます。

3371102

続き (5月13日 追加記事あり)


土佐弁でマムシの事を・・・と「龍馬伝」全話見たミーハーな感想です。 [幕末]

お疲れ様です。

長い間ご無沙汰しましたが、やっとちょこっと記事書きに来ました。

・・・とは言ってもまだちょっと時間ないので

今回は、他愛ない記事しか書けないですが・・・。

沖田ちゃん!ラブ.jpg

まず、土佐っぽのオヤジから聞いたんですが

マムシの事を土佐弁で”はみ”って言うそうです。


遠い親戚の葬式があった時、久々聞いて

懐かしいと言ってました。


使い方としては

「あの山ははみが出よるきん。いかん。」・・・だそうです(笑)。

2831515

その両親の出身地であり、萌田の本籍地でもある

室戸市佐喜浜も

過疎化して小学校なんかは1学年に2人だそうで


他の田舎の方の地域も

大分そんなとこが増えてきているんではないかと思うと

何か寂しい感じがします。

2891352

電車も室戸の方は、行かないですし

四国一周出来る様にして欲しいですが

国民の事、考えず勝手に消費税上げてるくらいですから

無理でしょうね。


そういえば話は変わりますが

やっと「龍馬伝」全話観れました!!

2848129

今日はその感想を、これから書きたいと思います。

「龍馬伝」の感想


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

水戸藩・天狗党首領・武田耕雲斎さんの苦悩とその孫・金次郎についてです。 [幕末]

かなりご無沙汰しました。

ここあまり更新できなくて申し訳ないです。

コメディ調幕末志士.jpg

今日は当初の予定通り

水戸藩(現・茨城県)の天狗党首領・武田耕雲斎と

その孫武田金三郎について紹介します。


・・・とその前に、前回の記事の付け足しとして

今回書いておきたい情報があります。


「助徳川論」

これは龍馬より早く大政奉還案を唱えた

中岡慎太郎が唱えた論で

字のごとく徳川を助けようという意見です。


日本人同士の殺し合いを避けようと

もしかしたら龍馬さんにも話ししたかもしれません。


ただ、その後

徳川幕府の強さを再認識させられ

武力倒幕派に転じはしました。

しかしその時点では、倒幕が成功するとは

わかっておらず

むしろ危機感を感じたからの事ではないかと思います。


明らかに優勢のものが追い討ちをかけるような事は

しないような気がしますが

それゆえに龍馬さんの行動に中岡も

多少の理解はあったんではないかと思います。

それ以上はまたの機会で


本題いきます。

本題


坂本龍馬先生暗殺の謎について考えてみました・・・について(2・薩摩&土佐編) [幕末]

かなりご無沙汰です。

漫画の原稿ばっか描いてて相変わらず忙しいですが

折角なんで夏休み中是非、ここの記事書きたかったんで

やっと念願叶いましてちょっと嬉しいです。

コメディ調幕末志士.jpg

実はこのカット、他には

長州&土佐郷士の中で桂小五郎も結構好きです。


吉田松陰さんが亡くなってから

苦労一身に背負って、日本の近代化に

命を賭け前原一誠さんの萩の乱と

西郷さんの西南戦争に心を痛め病死した方を

悪く言えないです。


あと土佐勤王党も贔屓ですが

龍馬伝に感謝ですね(笑)。


他の地方の方、すみません。

くーりー.jpg

それはさて置き、本題行きます。

まず前回の補充からですが


萌田は信じているんで

西郷さん説は無いと思ってますが


戊辰戦争のきっかけとなった

御用盗を使った江戸霍乱作戦(江戸における犯罪行為による挑発・

その挑発の乗せられ庄内藩(現・山形県)が薩摩藩邸焼き討ちにして

鳥羽伏見の戦いに突入。

江戸で好き勝手やられ江戸の治安を任されていた庄内藩が

怒るのは当然ですが、御用盗を捕まえるだけにしておけば

というのもあとで言えることかもしれないです。)とか


本当に西郷さんが指示したのかなと思うような事も

その説が出てきた一因かもしれないですね。


その指示は吉井幸輔(愛称・よごれどん・

西郷さんの片腕とも言うべき存在で寺田屋事件の時

薩摩軍率いて坂本龍馬先生を護衛したことは有名。

そのほか2~3回近江屋から他へ移るよう

坂本先生に申告しに行った。)が

やったとされていますが、


これはその後ろに大久保一蔵がいそうな気がします。

維新後の大久保を考えればですが…。

リアル調幕末志士.jpg

では何故

西郷さんはよごれどんや中村半次郎さあに

移った方がいいとあれほど申告していたのか…


そこが疑われているそもそもの原因かもしれないんですが

心配だけではない感じはしますし…。


多分答えは、狙っている人達と

近かった存在の人達と付き合いがあったからだと思います。


おそらく真犯人はそこかもしれないです。

これはここまでにして

次は土佐・中岡慎太郎さん説について

考えてみますね。

中岡先生説釈明?


坂本龍馬先生暗殺の謎について考えてみました・・・について(1・薩摩編) [幕末]

お疲れ様です。

今、人生に苦戦中でこちらに来て中々

歴史語る事できなかったですが、今日はちょっと語る事ができそうなんで

前の記事の予告通り

コメディ調幕末志士.jpg

この三人の大ファンとして、龍馬伝の再放送も始まったことですし(笑)

考えたいと思います。


1次期、黒幕・西郷隆盛先生説や最近では中岡慎太郎先生説とかまで

出ちゃって(苦笑)


萌田も昔、ここの記事で大久保一蔵(利通)さん説とか書きましたが

まずこれについて、一蔵どんファンの為にフォロー入れときますね。

DVC00189.JPG

あの後よくよく考えてみたんですが

武力倒幕推進する為(この人の場合日本の近代化推進の為)に

一蔵どんにとって、龍馬先生が邪魔になるほど

大きな壁と思われてたかと思うと、そうでもなかったように思います。


実は、薩摩には西郷さんをはじめ

幕府と親しい人物は結構いるんで

そこまで大きな存在には、感じられないような気がするんです。

DVC00197.JPG

確かに一蔵どんは、日本を自分が理想とする

近代国家に作り上げる為

邪魔する者は徹底的に排除し、自分の財産も全て投げ打って

この国の富国強兵に命をかけ

日本の近代化に大きく貢献してくれました。


それから見たら人間的にはともかく、政治的にみると

一蔵どんの方が龍馬先生よりかなり格上なんで

その理由は明確に見えないような気がします。

コメディ調幕末志士.jpg
(このカットは萌田が描きました(因みに劇画調のもです。))

では、薩摩はどうだったのか?について

西郷さんの件も交えて書きます。


実は薩摩家老で西郷さん一蔵どんと親しい

小松帯刀さんは大政奉還案支持者です。


・・・で暗殺事件が起きる1ヶ月前位に

薩摩・土佐にて武力倒幕の密約が交わされ

その席に、龍馬先生も出席しています。


薩摩の西郷さん・一蔵どん・小松さあ(もいたと思います?)

土佐は乾(板垣)退助・中岡慎太郎らで結ばれた

この密約によって


鳥羽伏見の戦いで錦旗が翻ったと同時に

退助の静止を振り切り

土佐迅衝隊7番隊長・山地忠七(西南戦争・日清戦争で活躍)や

4番隊長・谷神兵衛らの戦地突入がきっかけとなり

薩摩・長州軍に加勢、その後次々と

幕府軍に反旗を翻した・・・というのは歴史書とかに

書いてある通りです。

くーりー.jpg

前置きが長くなりましたが

では、西郷さんはどうなのか・・・?考えてみます。

吉之助さあ??


ご無沙汰しました。久々ですが、さらば石丸ソフト館秘蔵写真(?(笑))紹介です。 [昭和]

お疲れ様です。

かなりご無沙汰過ぎて申し訳ないですが

やっと原稿終わったんで体調不良ではあるものの

久々記事書きに来れました。

沖田ちゃん!ラブ.jpg

とはいっても大したもの書けないと思いますが

今日は

歴史とちょっとかぶるかかぶらないかなんですが

リアル調幕末志士.jpg

石丸が秋葉から消えるそうで

既に閉鎖している萌田も一番親しんだ

ソフト館の最後の方の画像紹介です。

DVC00308.JPG

ソフト館


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

御無沙汰です。何とか戻ってくる事が出来ました等についてです! [日記]

御無沙汰です。

くーりー.jpg

実は実家に引っ越ししまして

ちょっとネットやブログも危うかったんですが

何とかここも戻ってくる事が出来ました。


最近もまた、

いつものように時間は無いんですが

また歴史記事日を改めて

書きに来ます。

とりあえず今日はここまでで…。                         それでは!

四郎ちゃんラフ.jpg

長岡藩(現・新潟県)・家老・河井継之助さんの言葉素晴らしいですについてちょっと書きに来ました! [幕末]

御無沙汰です。

実は諸々の事情で、引っ越す事になりまして

その作業に追われ漫画執筆はおろか

メインすらブログ更新が厳しくなってしまい


ここ来てくれている方には

申し訳なく思い、イラスト等は描けないんで

せめて歴史記事をと思い

ちょっとだけ書きに来ました。

DVC00189.JPG

この世でいなくてはならぬ人か あってはならぬ人となれ…

これは長岡藩(現・新潟県)の幕末の家老

河井継之助(かわいつぎのすけ)さんの言葉です。


河井さんと言えば

戊辰戦争で旧幕府軍にも新政府軍にも

どちらにも味方しない武装中立を標榜したが


ここにもよく出てくる土佐宿毛(すくも)出身の

新政府軍軍監・岩村精一郎(いわむらせいいちろう)に

一蹴され

心ならずも長岡が新政府軍と戦うはめになった会見が

有名ですが…

DVC00197.JPG

いい言葉だと思います。


どうせなら中途半端で無く

とことん頑張れという意味と

萌田は捉え

心の教訓の一つとさせて頂いております。


岩村という男は

この明治維新後、大久保利通に佐賀県令として

佐賀へ送り込まれまんまと江藤新平さんをも


大久保の思い通り挑発し

佐賀の変に突入させた事も

前の記事で書きました。

3484844

ちょっとその後調べたんですが

どうやら中岡慎太郎さんの死後に

食うに困って陸援隊に入隊した

完全無欠の成り上がり者だという事が

分りました。


要は同じ陸援隊でも

大阪ぜんざい屋で新選組に急襲され

仲間を斬り殺されながらも

脱出した、のち宮内大臣も務める土佐勤皇党


田中光顕(たなかみつあき)さんとかとは

雲泥で、志士活動に対してはほとんど

苦労してない男だったという事です。

DVC00199.JPG

中岡さんや田中さんとかと比べれば

器が違いすぎます。


こんな男の為

長岡戦争で多くの方が亡くなり

矛先は河井さんの親族の方に

向けられておること不憫です。


でもその後、海軍の総司令・山本五十六(やまもといそろく)さん

陸軍満州の総司令・石原莞爾(いしはらかんじ)さんと

二人も長岡は偉い軍人さんを輩出している事には

幕末に対する意地を感じますね。


すごいです!!


萌田も引っ越し後、どうなるのかわかりませんが

本当はもっと

イラスト付きで紹介したいんですけど

今日はここまでです。                         それでは!

DVC00178.JPG

くーりーの紹介です! [幕末]

お疲れ様です!

四郎ちゃんラフ.jpg

今、幕末フィクションドキュメント漫画の

ネーム(漫画の設計図みたいな物)やってます。


坂本龍馬先生・中岡慎太郎先生等のキャラクター設定は

終わってますが

お見せできれば、そのうちにという事で…。


これに関しては

2枚づつでも出来上がり次第、貼りたいと思いますので

楽しみにしてて下さい。

四郎ちゃんラフ.jpg

あと四郎ちゃんのイメージラフ

あともう少しなので

しばしを待ちを…。


今日も生憎、時間無いんですが

ちょっと画像紹介に来ました。


これです!

くーりー.jpg

彼らはくーりーという

江戸時代の職業の方で

江戸時代の写真集見てて

無性に描きたくなっていたずら書きしたものです。


夏とはいえ

ほっかむりにふんどしのみという

ユニフォームに惚れましたです。

因みにくーりーは感じで苦力と書きます(笑)。


今日はそんな感じで…。               それでは!

DVC00189.JPG
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。